2010年05月26日

旅行中止

シフォン昨日の20時頃から数十分おきに背中をそらす腹痛ポーズをしていました。

時々きゅ〜んと痛くなるようで、抱っこを要求。

治まったかな?と思った頃、また痛くなり夜中の2時ごろまで眠れず
うとうとしながらソファで抱っこ。

やっと落ち着いたようなのでシフォンと共に寝室へ。



4時過ぎ頃、シフォン下痢。

薄暗い部屋でチェックすると内容物はほとんどが砂。
それを茶色の水で溶いたような便でした。

あ〜やっぱり何か拾い食いしたんだ。
今日、数時間後には金沢へ出発だってのに。
朝イチで獣医さんに変更じゃない。

低血糖予防のためコンデンスミルクは舐めさせる。


診察を受けるから朝はいつもの下痢止めは飲ませずにかかりつけ獣医さんへ。
問診、聴診、体温、便の検査の後、脱水予防のためソルラクトを点滴、下痢止めを注射。
念のため制吐剤も打つ。

点滴中のシフォン。
点滴中のシフォン.JPG
  

低血糖予防は?
    コンデンスミルク舐めさせているなら大丈夫でしょう。


・・・帰宅し様子を看るも下痢治まらず。


J:おかあしゃん、おかあしゃん
おかあしゃん、おかあしゃん.JPG

J:どうしてシフォン檻の中にいるでしゅか?
悪いことしたでしゅか?.JPG

だってシフォンたらあっちこっちで下痢Pしちゃうでしょ。
シフォン、トイレ持ってくるからそこにいなさい。

結局旅行の宿泊先は当日キャンセル(涙)。
あんたが拾い食いなんかするからよっ。

ニックネーム ロビン at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2109635
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック