2010年04月11日

シフォン4月9日の経緯1

朝は食欲がなく、やっと昼に食べたフードを14時頃もどしていた。
15時頃に下痢。前半はいい便だったものの後半はひどい粘膜便だった。
ここ1週間ほど薬を飲んでるのに・・・今回は長引いてる。

心配だったけれど夕方仕事に出た。

21時半頃帰宅。
いつものようにドアを開けるとジャスパーしか出迎えに来ない。
体調が悪くなったんだと慌てて部屋に入ると力ない表情で
上体をかろうじて上げていた。
「シフォン大丈夫!?」と抱き上げ立たせてみたが、よろける様に崩れへたりこんだ。

すぐに夜間救急病院へ連絡しながら財布と鍵だけを持ち
「ジャスパー留守番してて」と家を出た。
抱っこしている間にどんどんシフォンに生気が無くなってきた。
姉犬ミルクちゃんのことが頭を過ぎった。

運転しながらずっと腕の中のシフォンに声をかけながら病院に搬送。
10分で病院到着。すぐに診察。
到着当時弱々しくはなっていたものの瞳孔反射もあり意識はあった。
症状とこれまでの経緯を説明し、点滴と血液検査を受ける。

小1時間待つ間に出張中のCJパパにメールでやり取り。

23時40分頃、1回目の点滴が終了し説明を受けに診察室へ。
点滴を受けかなり生気が戻り、はっきりした表情になっていた。

血液検査の結果はほとんどが正常値だったが、血糖値だけが極端に下がっていた。
通常血糖値は60〜120mg/dlであるところシフォンは34mg/dlだった。
45mg/dl以下になると痙攣を起こしたり意識が無くなったりするので
かなり危険な数値だったけれど、血糖値は徐々に上げないと危険なので
ゆっくり一晩かけて点滴で糖分補給することになった。

レントゲンと腹部エコーを撮った。
レントゲン.JPG

レントゲン所見では後大静脈がかなり細くなっていた。
極端に血糖値が下がったために循環機能障害が起きたらしい。
他には胃腸炎が確認されたが、そのほかには異常は認められず。

エコー.JPG

エコー所見は明らかな異常は認められず。
ただなかなか写りにくい膵臓が割りと分かりやすく写っていたので
なにかここに原因がありそうだ、というレベル。
あとは左副腎近くに何かある?というくらい。
だが、インスリンノーマや副腎疾患の疑いはある。

検便、検尿、特に異常なし。

この後の処置は点滴と徐々に正常値へと戻っているか確認のため
数十分おきに血糖値の再検査。

23時過ぎ、一通りの検査を終え説明を受け犬舎にいるシフォンと面会。
鳴いていたシフォン、私の顔を見て安心して鳴き止む。
「私もう平気よ。ママ抱っこして」と犬舎から出ようとする。
今日は入院なんだよシフォン。このまま良い子にしててねと声をかけ退室。

晩御飯ももらえず留守番しているジャスパーも気になるし
ちょうど出張帰りのCJパパが駅に着く頃でもあるので
シフォンの事は気になるけれど一度家に帰ることにした。

ジャスパーにフードをやって飲み水の用意をしてすぐにCJパパを迎えに。
駅が家と病院の間にあるもちょうど良かった。

病院に到着。シフォンと面会。
私はジャスパーにおしっこをさせてから入室。
シフォンはCJパパに「おかえり」がしたくてギャンギャン鳴いていた。
そんなに鳴くと体力使うからと早々に退室。
気配を感じるとまた鳴くだろうから待合室ではなく車で待機することにした。


長い夜が続いた。

(つづく)

ニックネーム ロビン at 23:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気・ケガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
びっくりしました・・・・
原因が早くわかりますように。
Posted by オドママ at 2010年04月12日 10:34
シフォンちゃん、滋賀のとき体調が万全じゃないって聞いていたけど、、、
びっくりです。でも、大事にいたらなくて、ほんとによかったです。
原因がわからないと、落ち着かないですね。心配です。。。
お大事にしてください。
Posted by エリナ at 2010年04月12日 15:21
大変だったねー!
治まってくれて良かった。
シフォンも頑張った。
低血糖は怖いね。
原因が分かるといいんだけど。
Posted by pinco at 2010年04月12日 16:17
とりあえず、良かったね・・・。
でも、原因がわかるまでは心配だね。

シフォン、まだまだ若いんだから、
早く治して、心配なく思いっきり
遊ばせれるようになるといいね。
Posted by はううずひお at 2010年04月13日 10:38
*☆* お見舞いありがとうございます *☆*

◆オドママさん
こちらこそご無沙汰です。当初はかなり焦りましたが
今はシフォンの状態も落ち着いていて
ホントに入院した子?と思うくらいです。
近々再検査予定ですので、またご報告させていただきますね。
それよりも、オドママさん大丈夫ですか?
昔、妹も疲れが溜まると発作が出ていました。
オドママさんもお体お大事にしてくださいね。

◆エリナさん
そうなの。
あの時はいつものようにちょっとお腹がユルイかなぁ・・・
ってくらいだったんだけど。
あの時も少ししんどかったのかな。
無理させたかもと反省してます。

◆pincoちゃん
焦ったよ。一時は覚悟しなきゃいけないかと思ったわ。
元々お腹は弱い方だったけど。。。
また報告するわね。

◆はううずひおさん
ミルクちゃんの件報告直後・・・かなり慌てました。
また大好きなDGでみんなと遊ばせたいから
母頑張るわ!
Posted by ロビン at 2010年04月13日 11:52
ビックリでしたね。
シフォンちゃん・・・でも元気になったのね。
あ〜あ。本当に良かった!!!

ミルクちゃんの事。
私も本当にビックリしてます。
ミルクママさんには、お世話になりましたし。

犬の突然死・・・うちも経験者です。
頭の中が真っ白になりました。

元気に6月の誕生日を迎えましょうね。
シフォンちゃんもジャスパー君もそしてアンも!
Posted by アンママ at 2010年04月13日 20:11
◆アンママさん
ありがとうございます。
まだ安心出来ませんがとりあえず普段の生活に戻ってます。
かかりつけの先生にも診てもらいましたが
近々セカンドオピニオンも受ける予定です。

ミルクちゃんの事は我が家にとってもかなりショックな出来事で
それだけにミルクママさんの事が心配でなりません。
アンママさんも経験者だったんですね。
突然死は辛いですよね。。。

6月のお誕生日を笑って迎えられるように頑張ります。
ノンちゃん、この間お誕生日だったんですよね。(><)
お祝い出来なくてすみません。m(_ _)m
遅れついでに6月アンちゃんのお誕生日に一緒にお祝いさせてください。f(^□^;
Posted by ロビン at 2010年04月13日 21:07
‥‥‥顔(泣)
Posted by ブーケママ at 2010年04月15日 23:31
◆ブーケママさん
今日セカンドオピニオン受けて来たよ。
現段階での精密検査は必要ないみたいだから安心して。
Posted by ロビン at 2010年04月15日 23:46
ビーックリしました!
シフォンちゃんその後経過はいかがですか?
小さいと何かあった時、それだけで心配倍増ですよね。
体調が戻るまで安静にね〜、シフォンちゃん!
Posted by ロイママ at 2010年04月16日 11:32
シフォンちゃんの様子はいかがですか?
原因は何なんでしょうね。
具合良くない時程、こんな時こそ会話できれば!と思います。
シフォンちゃん、どうぞお大事に。
Posted by はあなママ at 2010年04月16日 12:30
◆ロイママさん
ありがとうございます。
もともと体は強くないので、他の子では大丈夫なことでも
体調を大きく崩すことが多いので心配しましたが
その後は落ち着いています。
またちょっとうんちがゆるくなったので
下痢止めを飲ませたりしてますがそれ以外は
まずまず普段どおりでランでもちょっとだけ遊ばせてます。

◆はあなママさん
ご無沙汰してます。ありがとうございます。
血糖値の低下は嘔吐・下痢が引き金のようですが
その下痢の原因がまだはっきりしません。
まず嘔吐・下痢を起こさせないようにしなくてはと思い
とりあえず日々の行動と食事のメモを取って
そこに原因は無いか再度探ることにしました。
来月また血液検査します。
Posted by ロビン at 2010年04月18日 11:17
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2033592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック